トップページ > 特集 > ミキモト真珠島の魅力とは?「知る」「楽しむ」を体験しよう

ミキモト真珠島の魅力とは?「知る」「楽しむ」を体験しよう

ミキモト真珠島の魅力とは?「知る」「楽しむ」を体験しよう

 

ミキモト真珠島の「知る」

 

ミキモト真珠島の大きな魅力といえるのが、人と真珠にかかわる歴史を知れる点です。真珠博物館には、帝政ローマ時代からの天然真珠を使ったアンティークジュエリーや日本の明治期からのクラシックジュエリーといった貴重な装身具や美術品が展示。

 

 

御木本幸吉記念館でも、真珠王「御木本幸吉」の生い立ちや功績が分かる資料が展示されています。

 

 

「真珠のできる仕組みを知りたい」そんなときは、真珠博物館一階にある第4展示室に行ってみてはいかがでしょうか。第4展示室では、スタッフによる真珠養殖に関する説明が聞けます。

 

「真珠の輝きの秘密」「どんな工程を経て、ネックレスになっているのか」など、真珠に関するさまざまな知識を身に着けてみてください。

 

ミキモト真珠島の「楽しむ」

 

ミキモト真珠島は、買い物・食・学びとさまざまな「楽しむ」を堪能できるスポットです。

 

◆買い物

 

真珠博物館に隣接するパールプラザには、見るだけでうっとりする高品質のパールジュエリーが陳列されています。ミキモト真珠島でしか買えないオリジナルジュエリーのほか、お土産の購入も可能です。

 

コスメティックスコーナーもあり、女性が納得の品ぞろえが充実しています。

 

 

◆食

ミキモト真珠島にある阿波幸で食べられるのが、アコヤガイの貝柱を使ったオリジナルメニューです。アコヤガイとは、真珠が取れる貝を指します。真珠が取れる貝を食べられるなんて・・・なんだか不思議ですね。

 

定食からちょっとつまめるメニューまで充実していますが、特に注目したいのがアコヤサンドセットです。アコヤサンドセットとは、アコヤガイの貝柱を使ったフライ+新鮮な野菜をシェル形のバンズでサンドしたメニュー。

 

映える見た目はもちろん、独特の風味と触感が人気です。買い物を楽しんだ後は、阿波幸でゆったりしてみるのも良いですね。

 

◆学び

 

ミキモト真珠島で、ほかではなかなかできない学びを体験してみませんか。ミキモト真珠島では、海女さんの実演をすぐ近くで見学できます。

 

 

海女さんたちが着用しているのは、近年使われているウェットスーツではなく白い磯着です。白い磯着を着用した海女さんの姿が見られるのは、今ではミキモト真珠島だけ。重要な歴史の地であることが分かります。

「イメージ通りの海女さんの姿を見たい」そんな人にとって、ミキモト真珠は魅力的なスポットといえるでしょう。

 

ミキモト真珠島ではどんなお土産が買えるの?

 

ミキモト真珠島のお土産商品の中でも、特に人気が高いのがパールアイランドマドレーヌ(10個入り)です。アコヤガイから抽出したパールシェルカルシウムを配合した商品で、アコヤガイの形が特徴的です。

 

バターの豊かな香り・口当たりの良い触感が魅力のパールアイランドマドレーヌ。1度食べてみてはいかがでしょうか。

 

ほかにも気軽な贈り物として向いている、ドーマン・セーマンアクセサリーもおすすめです。アコヤガイの貝殻に海女の魔除けの印が彫り込まれたアクセサリーで、首元を華やかにしてくれます。

 

 

ミキモト真珠島の利用のしやすさについて

 

ミキモト真珠島は3つの駐車場が用意されているため、車を運転する人でも利用しやすくなっています。利用には駐車料金の支払いが必要です。予算に余裕を持たせておきましょう。

 

車椅子・ベビーカーを無料で利用できるほか、車椅子対応トイレも用意されています。車椅子を利用している人は、あらかじめ車椅子対応トイレの位置を確認しておくと安心です。

 

◆車椅子対応トイレがある場所

 

・真珠博物館1階

・パールプラザ1階

・御木本幸吉記念館

 

 

 

この記事のライター:紅蓮

 


 

 

 

美術館・博物館 [ 三重 ]

ミキモト真珠島

TEL:0599-25-2028

世界で初めて真珠の養殖に成功した島

鳥羽湾に浮かぶ緑豊かなミキモト真珠島は、明治26年(1893)、御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功した島です。1951年に開島し、以来国内外から多くのお客様をお迎えしています。約7000坪の島内には、真珠の魅力を様々な角度から紹介する真珠博物館をはじめ、真珠王と呼ばれた御木本幸吉の生涯を伝える御木本幸吉記念館、パールプラザ(ショップ&レストラン)などが点在する他、昔ながらの白い磯着姿の海女が繰り広げる潜水実演などを見学できます。

チケット販売情報

基本情報

地図アプリで見る
住所 三重県鳥羽市鳥羽1-7-1
TEL 0599-25-2028
営業時間 ※新型コロナウイルス感染拡大防止対策につきましては、弊社独自の取り組みや、関係当局のガイドラインに基づき、引き続き万全の体制を継続し、お客様、お取引業者様、従業員の安心・安全の確保に努めてまいります。

■2021年3月1日より当面の間
10時00分~16時00分 迄
定休日 ※12月の第2火曜日より3日間は定例休業
料金 大人(高校生以上):1,650円
小人(小・中学生):820円
ホームページ http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp/
掲載希望募集中 フリーライター募集